トップ / ニュース / ニュースリリース

ニュース

ニュースリリース

【2011年03月08日】 ホワイティうめだ(【運営管理】大阪地下街株式会社様)で実証実験を実施

国立大学法人大阪大学と共同で申請した平成22年度「中小企業等の研究開発力向上及び実用化推進のための支援事業(新規産業創造技術開発費補助金)」の補助事業(近畿経済産業局)テーマ「地下空間におけるコストフリー型の避難誘導デジタルサイネージシステムの開発」において最終段階の実証実験をホワイティうめだノースモール-プチシャンで実施しました。実証実験期間中の2月21日から3月8日の間、避難誘導デジタルサイネージ端末20台を設置し、平常時にデジタルサイネージ広告として利活用可能な媒体端末として安定的に効果を発揮することを確認しました。

媒体端末の内4台は施設内の人流測定(通行量・人の動線・混雑度計測)のためのレーザーセンサーが組み込まれています。

2月26日(朝0時から4時の間)には火災発生時を想定しデジタルサイネージによる避難誘導表示の効果を測定する実証実験を実施しました。実証実験では地下街の営業終了後の施設の使用許可を頂き、30名の被験者を動員し効果測定を行いました。大阪市消防局様をはじめ多くの関係者にもお立会いいただき満足する結果を得ることができました。

年内にも実業化に向けて動き出す予定です。